「蔵」のイメージを漆喰左官と和瓦で趣のある仕上がりとなりました。

  • 改装前の外観
  • 改装前の店内
  • 改装後の店内
    300角の柱とタイコ梁が内装に風格を添えています。
  • 建物への看板をあえて消去し、ライトアップにより店舗の存在をアピールしました。
  • 囲炉裏を造作しました。自然と人が集まり、和やかな雰囲気となりました。
  • 商品を陳列し、賑やかにオープンを迎えました。すっきりとした白壁に重厚な柱、梁、囲炉裏を中心とした店内。
  • 解体と共に構造があらわになり、老朽化した木材との戦いとなりました。
  • 既存土間の上に、さらに布基礎を新設しました。
  • 既存躯体の内側に新しい柱材、梁在を挿入し耐震性を高めました。予想以上に膨大な木材が必要となりました。また、ボルトと金具でも補強し、既存部分と一体化しました。