のびのびとした風景にしっくりと馴染む大屋根の家

  • ダイニングテーブルと小上がり和室のテーブルは、大工さんの手作りに依るものです。社長自ら材を吟味し用意しました。(桧無垢板)出窓やカウンターにも無垢板を多用しています。
  • 玄関正面。畳敷きで格天井と、風格のある空間となりました。竹の格子の裏に障子をあしらい、解放すると小上がり和室と玄関を視線でつなぐことができます。
  • 桧の8寸角の大黒柱は広い空間に安定感と安らぎを与えています。縁なしの畳をあしらった小上がり和室は天井に桜の竿縁を使用し、和を強調しています。
  • 堂々と重厚感のある梁は、空間に負けないものを使用。その存在感のある梁は、ナチュラル空間を引き締め、程よい「和」を取り入れる効果を生んでいます。
  • 玄関の下足入れ。
  • 広いリビング空間。左手は小上がり和室を持つダイニングスペース。右手は趣のある「和」テイストの玄関ホール。
  • 小上がり和室からみた階段スペース。右手側はキッチン。
  • 壁面のアクセントにもなる照明。