青空に映える南欧スタイルの外観。
職人さんによる塗り壁と素焼瓦が愛着深く、陽気なデザインです。

  • 左官の塗り壁とパイン材が絶妙な相性です。
    LDKの開放感に想いのこもった小物がちりばめられています。
    TVカウンターや天井にはご主人こだわりのAV機器に対応しています。
  • 時間をかけてお客様の選ばれたアクセント小物が随所に効いています。
    私たちの家づくりはその小物と家族を大切に閉じ込める『宝箱』が出来ればと思います。
  • オリジナル感あふれるキッチンスペースは統一されたパイン材で空間に同調しています。取手はお持ち頂いたものを取付け愛着感が増しています。床はテラコッタを検討されましたが、吸水性等も考慮し『テラコッタ調』の磁器質のものを使用しデザインと合理性をしっかり見極めされています。
  • 工事が入ると同時にオーダー手摺の発注作業に入りました。
    輸入オーダー品の為、慎重・早急な対応を要しました。
    『楽しみ』と『緊張感』が竣工間際まで交錯しておりましたが結果を見れば…。これがあってやっぱり“完成”ですよね。やっぱり。
  • 『和室』というより、あえて『和スタイル』という設計。
    建具もパイン材で統一し、お気に入りの照明と間接照明で雰囲気が丁度よいバランスです。
  • 調湿を考え、塗り壁仕様になっています。
    ワイドなフロート型の洗面化粧台とサイドの可動棚が空間をスッキリ見せています。
  • アクセントの青い壁は左官工事で仕上がっています。
    手仕事の味わい深さと照明・ステンドグラス・輸入の手洗い鉢がマッチしています。
  • 屋根形状を生かし開放的で明るく仕上がっています。
    化粧梁や天窓が空間の質をより向上させています。
  • 家電収納やチェッカーガラスを使ったTVボードなど、こだわりの造作棚も随所にあります。使いやすさも大事なデザインです。