家づくりQ&A 構造・工法のことを知りたい

Q 高気密・高断熱仕様のメリット・デメリットは? A

メリットは、ランニングコストが安く、省エネルギーで経済的です。そして何より、人に優しい快適温度を保ちやすいことが挙げられます。トイレや脱衣所などの温度変化が少なく、ヒートショックなどの危険性も回避。冬の長い東北地方ならではの仕様といえます。
デメリットとしては、気密が高まると熱損失が少なくなるので、夏場の窓からの日射熱を遮断する計画や、きれいな空気を保つための計画換気が必要です。しかし、カーテンや庇(ひさし)などの工夫や、機械排気と自然給気の換気システムを用いることで解決できるのでご安心ください。

Q 耐震性は充分ですか? A

当社は木造在来工法で、筋交い材による法的な耐力壁計算をクリアしています。また、耐力壁面材に面構造としての役割の他、火に強く気密効果の高い「ダイライト」を併用し、建築基準法をはるかに上回る強度を確保。軸組のバランスや耐力壁面材との釣り合いなども十二分に検討の上、設計しています。